子供 ムダ毛

子供のムダ毛の悩みについて

ムダ毛に関するインターネット上の掲示板を見ると、子供(特に女の子)が毛深いことを気にしていて、どのようにしてあげたら良いか
悩んでいるといった書き込みを見かけます。こういった内容を書き込んだ母親は、自分が子供の時にも、同じような悩みがあって、
その時は恥ずかしくてなかなか親に言えなかったようで心配していました。

 

そういった書き込みに対して、様々な意見が寄せられていますが、中でも気になったやりとりを1つご紹介します。
まず、子供のことなので特に気にせずに、そのままで良いのではないかといった意見がありました。
それに対しての意見として、幼稚園や小学校で、友達や男の子から、かわれたりすると、やはりいい気分ではなく、いじめられたりすると学校へ行くのも嫌になり、
最悪不登校になることも考えられます。確かに、子供の悩みを解決して元気に学校へ行ってもらいたいのは親の願いです。

 

また、他のサイトを見てみると、小学生のムダ毛のアンケートについての結果がありました。夏に半袖で薄着になったり、
体育の授業で水着になる際に、ムダ毛を気にする子供が10%弱います。小学校の高学年になればなるほど、気にする子供が多いのですが、
小学1年生でも、5%近くが気にしているとの結果があります。

 

こういったこともあり、きちんと子供のムダ毛ケアしていくことが大切です。
しかし、ムダ毛処理には、思いつくだけでも、カミソリで剃る方法、ローションやクリームを塗る方法、家庭用脱毛器やエステに通ういった
ように、たくさん方法があります。

 

子供のムダ毛には、どういったケアが正しい方法なのでしょうか?

子供のムダ毛の処理の注意点とは?

まず、ムダ毛処理で思い浮かぶのは、お風呂場でカミソリを使用してケアすることです。しかし、お風呂場は結構雑菌が繁殖しています。
髪や体を洗う分には、特に問題ないのですが、ムダ毛を処理する時には、気付きにくいのですがお肌を傷付いています。
そのため、傷口から雑菌が侵入して、炎症を起こす原因となります。また、キレイに剃ろうとして逆剃りすると、お肌を傷つけて、やはり炎症を起こす場合があります。

 

例えば、ニキビのような赤い炎症を起こした方もいらっしゃるのではないでしょうか。これは毛膿炎(毛包炎)といって、雑菌が毛穴から入り込んで炎症を起こしている状態なのです。
こういったことから、大人のお肌でも注意しなければならないことが多いのに、子供のお肌には、あまりお勧めできません。

 

次に、ローションやクリームです。こういったタイプの商品は、少し調べるだけでも多くあるのだと分かります。
しかし、よく見ていくと、除毛タイプと抑毛タイプに分けることができます。
除毛タイプは、まず、ムダ毛が気になる部分にローションやクリームを塗ります。
そして、商品にもよりますが、3分から10分ほどそのままにして、その後、スポンジやティッシュなどで拭き取ります。
そうしてツルツルのキレイなお肌になるといったものです。メリットは、すぐにムダ毛を処理できることが魅力です。
一方、デメリットは、刺激が強い商品もあり、敏感肌の方や子供のお肌には、良くない場合があります。
そのため、メーカー各社は、お肌に優しい商品を開発してきており、少しずつそういった商品の種類が増えているところです。

 

続いて、抑毛タイプのローションやクリームの特徴は、ムダ毛が生えてくるのを抑える効果が期待できます。
すぐには、ツルツル肌には、なりませんが、気になる部分に、1ヶ月から4ヶ月ほど塗り続ければ、ムダ毛が目立たなくなります。
また、お肌に優しいこともあり、敏感肌の大人の方や、子供のお肌にも最適な商品です。

 

次に、家庭用脱毛器にも、様々な種類の商品が販売されています。中でも、レーザー方式・サーミコン方式・フラッシュ方式のタイプがほとんどです。
レーザー方式は、レーザーをお肌に照射して、毛根にダメージを与えて脱毛します。これは家庭用脱毛器の中でも、最もポピュラーなタイプです。
続いて、サーミコン方式は、サーミコン(熱線)によって、熱をムダ毛に当てることにより脱毛する方法です。
フラッシュ方式は、一番新しい方式で、インテンスパルスライトという光エネルギーを使用した脱毛方法です。これにより、お肌の表面温度を上げることなく脱毛できる特徴があります。
では、子供の使用にどれが良いのかとなりますが、残念ながら未成年の家庭用脱毛器の使用は禁止されています。
母親としては、自分が使用する家庭用脱毛器を一緒に使えれば、スキンケアの費用が安く済むのですが、
子供だけで使うと、誤った使用方法で火傷などのトラブルや、また脱毛前後に、日焼けができないといった制約もあり、体育の授業や部活ができないこともあります。

 

次に、エステで子供のムダ毛ケアについてです。インターネット上にも、子供向けの脱毛コースを紹介しているところがあります。
大切なことは、カウンセリングによりきちんと説明してくれるかどうかです。
一般的に、女の子の場合、生理が始まって5年以上経ってから、専用の脱毛機器を使用するのが良いとされています。
それは、子供のお肌が弱いだけでなく、ホルモンバランスが安定していないためです。
そのため、子供向けの脱毛コースには、安全を重視していますがカウンセリングで納得して施術を受けることが大切です。

子供のムダ毛のお勧めグッズ

上記のように、子供 ムダ毛ケアとして、カミソリ・除毛や抑毛ローションやクリーム・家庭用脱毛器・エステといった特徴や注意点をご紹介してきました。
その中で、子供のお肌のことを考えると、やはり抑毛ローションやクリームがお勧めです。
刺激がほとんどないない植物性由来の成分が配合されて、無添加の商品がほとんどなので、お肌に優しくてムダ毛が目立たなくなるからです。
また、個人差がありますが、1ヶ月から4ヶ月の間、きちんと塗り続けると、ムダ毛が生えてこなくなるので、根本的な悩みを解決につながることもお勧めの理由です。

 

では、この抑毛ローションやクリームのことについて、もう少し具体的にご紹介します。
まず、配合されている成分は、女性ホルモンの作用があるイソフラボンが入っているものがお勧めです。
男性ホルモンによって、ムダ毛が目立つようになるので、女性ホルモンの働きがあるイソフラボンは、男性ホルモンを抑えるのでムダ毛が生えてくるのを抑えるのです。
このイソフラボンは、豆乳にたっぷり含まれているので、商品名に豆乳と書いてあれば、イソフラボンが配合されています。

 

他にも、保湿成分や美肌成分、抗炎症作用のある成分が配合されている商品が多いです。
これは、特にカミソリを使用して脱毛しながら、抑毛する方向けです。
カミソリを使用するとお肌に傷付けてしまうので、お肌トラブルを抑える効果と、スキンケアが同時にできます。

 

そして、抑毛タイプの商品は、ムダ毛が薄くなり目立たなくなってくると、塗る回数も減らすことができます。
しかし、塗ることをやめたら、すぐに生えてくるわけではありませんが、食事や睡眠、運動不足などの生活習慣やストレスなどの影響で、
ムダ毛が濃くなることもあるので、気になったらすぐに塗るようにしてください。
ケアにかかる費用は、3000円から6000円ほどを考えておけばよいのではないでしょうか。
最後に、子供のお肌に合うかどうかなど、どうしても心配な方にも、60日間の返金保証付きの商品もあるので探してみて下さい。