• ロゴタイトルが未設定です
  • ロゴ下部タイトルが未設定です
  • イクまで徹底痴漢!先生の指でナカまでぐちょぐちょネタバレ!

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    イクまで徹底痴漢!先生の指でナカまでぐちょぐちょネタバレ!

    『イクまで徹底痴漢!先生の指でナカまでぐちょぐちょ』(作:九波ヒメヒコ)

    第1話

    登場キャラクター
    『瞳』
    ・本編の主人公。女子高生です。
    ・電車通学の際、“チカン”に遭遇してしまいます。
    『茜』
    ・主人公のクラスメートです。
    ・『瞳』と同じチカンの被害にあった模様。
    『利恵』
    ・同じく主人公のクラスメートです。
    『村田先生』
    ・主人公が通う学校の保健教諭をしています。
    ・実は、『茜』達が遭遇したチカンの正体(世も末だ)。

     

    あらすじ
    学校の保健室で、放課後の掃除をしていた『瞳』。
    いっしょに掃除していた『茜』が電車で痴漢にあった事を知らされます。
    彼女等の会話を背中で聞きながらセクハラ紛いの言葉を吐くのは『村田先生』。
    当学校の保健教諭をしているのですが、どうも一癖ありそう。
    いつもの様に電車で帰宅していた『瞳』は、車中で痴漢に遭遇します。
    最初はお尻になにか違和感を感じていたのですが、それは人の手でした。
    痴漢は、『瞳』を逃がすまいと背後から彼女の肩を捕まえます。
    逃げようとするも声さえ立てられず怯える『瞳』。

    それを後目に痴漢は彼女のパンティを後ろから握りしめ持ち上げる様に局部を刺激します。
    目をつぶってガマンするしかない『瞳』の様子を見て、より大胆になる痴漢の行為。

    徐に、開いた手を『瞳』のクロッチに進めて股間まで愛撫し始めます。
    すんでのところで電車が駅に着き、『瞳』は逃げる様に駆け降りたのです。

     

    翌日、登校時の電車で同じ痴漢が。
    今度もやはり背後から、今度は『瞳』の胸をイタズラし始めます。
    それでも抵抗できずにガマンする彼女。
    図にのった痴漢は、またもや彼女の股間に指を這わせました。
    今度は“クリ●リス”を狙って。
    最初は下着の外からの愛撫が、いよいよ中にまで手を差し込んでアソコを弄り回します。
    その時、電車のドアが開き『瞳』は後ろも見ずに駆け出していきました。
    電車に残った痴漢は、なんと彼女が通う学校の保健教諭『村田』その人だったのです。
    学校の保健室で、自分も痴漢の被害にあったことをクラスメートに告げる『瞳』。
    そして帰り道。
    電車に乗って帰宅する『瞳』の背後に、またも痴漢『村田』の影が…。
    (以下、次号)

     

    感想
    “痴漢”ものには何種類かパターンがあります。
    恋人同士の御ふざけをモチーフとした“あまあま”もの。
    そして、今回のお話のように、いやがる女性を辱める鬼畜なシチュエーションものまで。
    しかも痴漢自身が、主人公の通う学校の保健教諭と云うのですから救われません。
    昔でしたら“聖職”につく者の有るまじき行いとして、単なる妄想の範疇でした。
    ですが、現在では充分にあり得るオハナシになってしまうのですから悲しいものです。
    本編の主人公は、性的にはそれほど成熟してはいないようです。
    (少なくともクラスメートの間では)
    逆に云えば“開発途上”。
    痴漢“先生”にイロイロと教え込まれていく“素直な生徒”の未来が想像できますよ。