• ロゴタイトルが未設定です
  • ロゴ下部タイトルが未設定です
  • 新婚妻がチャラ男の濃厚セックスで堕ちるまでネタバレ

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    新婚妻がチャラ男の濃厚セックスで堕ちるまでネタバレ

    『新婚妻がチャラ男の濃厚セックスで堕ちるまで』(作:石川きんぎょ)

     

    第1話

    登場キャラクター
    『野枝』
    ・本編の主人公。新婚2年目の主婦。
    ・学生時代は『ノエル』の名で知られていた“コギャル”の過去を持っています。
    『正彦』
    ・『野枝』の夫。
    ・主人公が働いていた工場で知り合い職場結婚した真面目なサラリーマン。
    『チャラ男』(第1話では名前が明かされていません)
    ・『野枝』夫婦と同じマンションに住んでいる男。
    ・性格は野卑で共同生活のルールも無視するヤサ男。
    ・『野枝』の過去をネタに、彼女とムリヤリ関係を持とうとします。

     

    新婚妻がチャラ男の濃厚セックスで堕ちるまで あらすじ
    『野枝』は夫『正彦』と結婚して2年目の新妻。
    働いていた工場で知り合い職場結婚した夫は、真面目で優しいサラリーマン。
    ですが夜の生活では『野枝』を満足させられず、それが不満と云えば不満な幸せな日々。
    そんな『野枝』に“過去”からの不幸が襲ってきます。
    ある朝マンションのごみステーションに行くと、なにやら管理人と男が争っている様子。
    どうも、その男がごみの不法投棄をしたのを咎められている様です。
    乱暴にも管理人を突き飛ばす男に対し『野枝』は憤然と抗議します。
    見るからにチャラいその男は、不満そうに視線を向けた『野枝』のホクロに気が付きます。
    男は自室に戻り、PCの“ホクロの女性の画像”を見てほくそ笑むのでした。
    次の日。
    『野枝』がゴミ捨てに出ると、昨日顔を合わせたチャラ男が待ち受けていました。
    無視しようとする彼女でしたが、彼の呼びかけに立ちすくんでしまいました。
    「待ってよ のえるちゃーん」
    『のえる』
    それは、身の置き所が無かった学生時代に、付き合っていた元カレに呼ばれていた名前。
    世間知らずの彼女は、髪を染め肌を黒くし、元カレに体を預けます。

    云われるがままに半裸で写真を撮られ、あわやAV撮影寸前までいってしまいます。
    チャラ男が見たのは、その頃に撮影されネットにも出回ってしまった写真だったのです。

    元カレからあやうく逃げ出した彼女は、自らの行いを悔いて生活を改めます。

    夫『正彦』と出会ったのは、そんな時だったのです。

     

    そんな当時の事を思い出した彼女に迫って唇を奪いつつも胸を弄り出すチャラ男。
    乳首を捩じりあげられた『野枝』は、その快感に戸惑いを隠せません。

    頭に乗ったチャラ男は、大胆にも彼女の下着に手を伸ばしてきました。
    チャラ男の指が秘所に愛撫を重ねると、我知らず下着を濡らしてしまう『野枝』。

     

    その時、マンションに住む主婦が飼い犬を追いかけて二人のいる場所へ。
    濡れた下着を見せまいと、『野枝』はその場にしゃがみ込み難をのがれます。
    身を隠していたチャラ男は、主婦が立ち去ったのを見てまたもや『野枝』に迫ります。

     

    怒りに震える『野枝』にチャラ男が迫り、彼女の胸を揉みあげながら。
    「一回だけでいいから この体 好きにさせてよ」

    云う事を聞かなければ、画像をプリントしてばら撒くとまで脅すチャラ男。
    万策尽きた『野枝』は、とうとう彼の部屋に。

    ベッドに腰掛けながらニヤつくチャラ男の前で『野枝』が服を脱ぎだすのを見て。
    チャラ男は彼女の手を引き、そのままベッドに押し倒すのでした。
    (以下、次号)

     

    新婚妻がチャラ男の濃厚セックスで堕ちるまで 感想
    『野枝』は根は真面目な女性の様ですが、若かりし頃の過ちが身の破滅を呼んでいます。
    (認めたくないものだな 自分自身の若さゆえの過ちと云うものを…©サンライズ)
    2話目以降は目をとおさずとも、この後の展開がいやでも想像できてしまうのが悲しい。
    果たして優しい“夫”は、不幸まっしぐらの『野枝』を救う事が出来るのでしょうか?
    でも元カレに開発された『野枝』の肉感的な身体を、彼女は気が付いているでしょうか。
    彼女を救えるのは、優しいだけの夫では無いのでは。
    彼女の求める幸せは、ひょっとしたら真逆の彼方にあるのかもしれません。