• ロゴタイトルが未設定です
  • ロゴ下部タイトルが未設定です
  • 担任と生徒が兄妹になったら…ベッドの上でもエッチ授業ネタバレ

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    担任と生徒が兄妹になったら…ベッドの上でもエッチ授業ネタバレ

    『担任と生徒が兄妹になったら…ベッドの上でもエッチ授業』(作:十色)

     

    第1話

    登場キャラクター
    『早見菜乃花』
    ・本編の主人公。女子高生。
    ・母の再婚によって、担任の『成瀬悠介』とは義兄妹の関係に。
    『成瀬悠介』
    ・『夏』の学校の担任教諭。
    ・地味で内向的。寝癖と掛け違えのボタンが特徴。
    ・あだなは『なるちゃん』。
    ・同じく、父の再婚によって、生徒の『早見菜乃花』とは義兄妹の関係に。

     

    あらすじ
    女子高生『早見菜乃花』の担任は、新任教師の『成瀬悠介』。
    地味で風采の上がらないスタイルと、いつも変わらぬ寝癖に掛け違えのボタン。
    ついたあだ名が“なるちゃん”。
    彼女にとってはそれ以上の関心もなく、学校生活はそのまま過ぎてゆくハズでした。
    ところが、母の再婚により事態は一変します。
    なんと、義父の連れ子は『成瀬悠介』その人だったのです。
    勉強を教えてもらえば?と能天気な母でしたが、『菜乃花』はご機嫌ななめ。
    ある日自宅で着替えをしていた『菜乃花』は、帰宅した『悠介』と鉢合わせ。
    「出てって!この 変態イィイ」
    謝る間もあらばこそ、金切り声が止まない『菜乃花』を止めようとした『悠介』。
    思い余って、彼女をベッドに押し倒し、拍子に胸まで揉んでしまいます。
    胸を隠しながら、部屋を出る様に云う『菜乃花』。
    彼女の姿を見下ろしていた『悠介』は、突然彼女の乳房を口に含みます。
    驚きながらも『菜乃花』は “他人に触られる感触”に我知らず身を委ねてしまうのでした。
    愛撫に濡らした彼女の股間を見ていた『悠介』は、徐に義妹をうつ伏せにします。
    後ろから股間に愛撫を加えられた『菜乃花』はトロけ顏に切なさを浮かべるのです。
    止まらなくなった『悠介』。
    とうとう彼女のナカに指をいれ、敏感なその部分を探り出しました。
    心ならずもイッてしまった『菜乃花』は、我に返ると『悠介』を張り飛ばしました。
    その後は家でも学校でも、彼女は義兄の存在を無視し続けます。
    一方、自らの行為に遅まきながらも自省の念が絶えない『悠介』。
    数日後、トイレの中で『菜乃花』は、あの日の義兄の愛撫を思い出していました。
    密室でオナニーを初めてしまうのですが、何故か『悠介』が扉を開けてしまいます。
    今回と先日の非礼を詫びる『悠介』に、『菜乃花』は自身の失態も認め彼を許します。
    すると『悠介』は、あろう事か彼女のオナニーを手伝い始めるのでした。
    最初は彼女の乳房を愛撫し、続けて彼女の股間に舌を這わせていきます。
    喘ぐ彼女の様子にガマンが出来なくなり、最後の一線を越えようとする『悠介』。
    彼の手で後ろ向きにされますが、さずがに抵抗する『菜乃花』。
    が、何の因果か足を滑らせた彼女の処女地に、義兄のソレが付きこまれてしまいます。
    義妹の中が気持ち良すぎて『悠介』のピストンは止まりません。
    抜けと命じながらも、初めての感触に『菜乃花』も次第に我を忘れてしいます。
    その時、トイレをノックする音が!
    「誰か入っているの?」
    (以下、次号)

     

    感想
    恋人同士だった二人が両親の再婚で義兄弟になり、道ならぬ恋に悩むシチュがあります。
    このお話は、それとは逆ですね。
    無関係だった二人が、両親の再婚を切っ掛けに、抜き差しならぬ関係になるわけです。
    お話の調子からすると、最終的にはラブラブ甘々のハッピーエンドになりそう。
    割りと安心して、先行きを見ていけるんじゃないでしょうか?
    これが昔の少女マンガあたりですと、教師と生徒の禁断の恋愛譚に発展するんですが。
    今後、学校内で人知れず×××しちゃって、そんで誰かに見られてあわや!
    なんて云うシチュは無いかな?
    さて、お話のコシを折る様で申し訳ないのですが。この作者、どうも絵がイマイチ。
    オンナノコのバックスタイルで、背中から腰にかけてのラインがややアンバランス。
    こういう所でデッサンが狂っちゃうと興醒めしてしまうのは、気にし過ぎなんでしょうね。